復帰してから気をつけることとは

vyuki

看護師の職業は、女性の割合が多く、
育児や専業主婦などの理由から一時離職することも多くなっています。

ですが、こどもがある程度成長すると手が離せるようになり、
教育費を稼がなくてはならないために、
再雇用を希望する看護師も多いんですね。

 

ブランクのある看護師にとって、
医療現場で働く際には注意が必要になります。

まず、医療技術や知識は、日々進歩しているということです。
数年前と現在との医療技術の違いは明白です。

 

例をあげると、紙だったカルテが電子カルテになり、
フィルム診断だったレントゲン写真がモニター診断になったりと、
アナログからデジタルへと移行していますよね。

いくら経験豊富である看護師でも、
初めからのスタートが必ず存在するということになります。

 

次に挙げることにも同じ事が言えるのですが、
組織や指針、業務手順の違いが変化しているという事です。

医療の安全や感染対策といったように、
日々改善と対策に力をいれているのが現代の医療現場です。

 

過去のやり方が通用していたのに、
現在では通用しないということも多くあるんですよ。

これらは、ブランクが長い看護師であれば
より強く感じることでもありますし、
注意しなくてはならない点なんですね。

 

進化し続ける医療現場に再度踏み込むのであれば、
それなりの心構えと準備が必要となるんです。

 

 

ブランク看護師の再雇用チャンスは多い!

mnugiou

看護師は人手不足の代名詞でもあり、
ハードワークで知られる職業ですよね。

最近では、福祉施設などでも看護師が配置されているために、
人手不足がより深刻化しています。

 

そのため、多少ブランクがあっても再雇用されるチャンスはとても多く
育児や出産、介護などの休暇を取得したとしても、
他の職種と比べてそれほど深刻になることはありません。

また、面接でもブランクが不利となることはあまり無いんですよ。

 

どちらかと言えば、働く側の看護師の方が、
プライベートを確保できるような働き方がしたいという希望があったり、

もっと給料が良いところで働きたいというような希望が高いために、
人手不足となっているとも言われていますよ。

 

ブランクがあっても再雇用したいという病院は多い中で、
待遇面や給料との折り合いがつかないということが発生しているんです。

看護師の仕事は、患者さんが病院内に居る限り、
勤務時間となってしまうハードワークです。
ですので、自宅から近い個人病院やクリニックなどがお勧めとなります。

 

少人数しか採用されませんし、欠員での募集しかありませんので、
あまり求人が無いということが難点となります。

休職中であっても復職のことを考えて
随時求人を探すようにしておくことが大切です。

 

張り紙などで告知するといったように、
大々的な求人募集をしていないところも多いので、
医療機関の周辺やサイトなどはしっかりとチェックしておく必要がありますよ。

 

 

ブランク有りでも大丈夫!

bvgcyui

結婚や出産、育児などで看護の現場を離れると、
どうしても看護についての感覚や、新しくなっている看護技術や
知識についていけないという事があります。

そこで、ブランクがあり職場復帰を躊躇している看護師が、
復職しやすいようにと、院内で研修を行っている病院があるんですよ。

 

あらかじめカリキュラムが決められており、
その病院で仕事をしていく上で必要となる医療技術に対して、
知識や経験を身につけることが出来ます。

また、看護師として大切になる患者さんとのかかわり方や
対応などについても、指導を受ける事が出来ますよ。

 

新人研修なら、看護技術に対してじっくりと時間をかけて学び、
患者さんの対応などを先輩から学ぶ事になりますよね。

一度看護の世界で仕事をした人の復帰であれば、
カリキュラムを通じて看護に対しての感覚や技術を思い出していけますので、
新人よりも早く実践を行う事になります

 

この実践を通して、新しい技術や知識などを学んでいく事になります。

ブランクがあるということで、
職場復帰に躊躇してしまうこともあると思いますが、
病院側も職場復帰しやすいようにと工夫し、

サポートしてくれますので、看護についての知識や技術を
どんどん吸収していくというような心構えがあれば、
スムーズに復帰することが出来ますよ!

 

 

復職に際しての不安と研修

cfvghjk

看護師の仕事というのは、女性が圧倒的に多くなっていますよね。
そのため、結婚や出産などで退職する看護師が
多いというのが特徴です。

ですが、人の命に携わっていく職業であり、
明確な意志をもって国家資格を取得した人たちですよね。

 

一度は現場を離れても、育児に専念してこどもがある程度成長したら、
復帰したいと考える看護師は多いんですよ。

ですが、看護学校を卒業してから就職し、
一生懸命覚えた技術や知識から離れ、
ブランクができてしまったとなると、とても不安になりますよね

 

医療技術というのは常に進歩していますし、
新しい医療機器や新薬なども導入されていることでしょう。

何よりも、現場では患者さんの少しのしぐさで
異常を感じ取ることが必要ですよね。

 

その勘がどの程度残っているのかというのは、
現場に立たなくては分からない事でもあります。

ブランクのある看護師は、
復帰を考えた際にこのような不安があるんですね。

 

そのような不安を解消するために、
カムバック研修というものが様々な機関で行われています。

医療機関が行うこともあれば、独自に医療法人が行う事もありますよ。
期間は3日から一週間程度のカリキュラムとなっており、
離れていた期間に新しく導入された知識や技術を学ぶ事が出来ます

 

そして、その後現場に入り、
マンツーマンで職場経験を積んでいくというのが一般的ですよ。

 

 

ブランク有りの看護師は新人看護師と同じ?!

biu

看護師は3年もブランクがある場合には、
新人看護師と同じだと言われています。

そして、言葉通り、給料も下がってしまう事になりますので、
求人を探す場合には注意が必要となる点があるんです。

 

ある程度給料が下がってしまうという事は、
覚悟しておくべきです。

現場を長く離れてしまうと、献血で注射針を患者さんに刺すことが怖い
という看護師もいるくらいです。

 

自分では出来ると思っていても、
実際には前とは同じようには出来ないんですね。

ですが、新人看護師と同じ給料で働くほど、
自分が劣っていると考える必要はありませんよ。

 

まずは、看護師専門の転職サイトなどで、
「ブランクOK」という記載がある求人を見るようにしてくださいね。

そのようなところは、ブランクのある看護師に対して
理解がある職場となっていますので、
ブランクの期間によっては優遇してくれるはずですよ。

 

看護師はどこでも人手不足となっていますので、
様々な場所に応募してみて、その中から一番条件が良いところを選ぶ
という方法をとると、希望を叶えやすくなりますよ。

ナースセンターやナースプラザなどで行われている講習に
参加するのも効果的ですよ。

 

事前に講習を受けているという事を伝えると、印象もよくなりますし、
給料面にも良い影響があります。
まず、自分のやる気を示すということが大切になるんですね。

ブランク 看護師

 

 

ブランクがある場合の職場の選び方

nbhvgfc

看護師として働いていても、
途中で一旦退職することもありますよね。

そのような場合には、看護師としての働き方を追求するのでは無く、
ブランクに寛容な職場であるかどうか
という点を重視していかなくてはなりません

 

職場にもよりますが、ブランクは結果として仕事に関しての
技量などが低下してしまうということなので、

それを受け入れることができる職場は、
ある程度余裕があるということが言えますよね。

 

そうした職場であれば、労働環境が良いことが多いので、
総合的に働きやすいということになります。

そして、更に重要となるのが、
求人の内容にある一時的な休職についてです。

 

一度でも職歴に穴がある人は、当然次も何かしらの理由から
穴が出来る可能性が高いというように判断されますし、
実際に育児などで穴が出来たのであれば、同じ事は十分起こりえますよね。

そのような同じ事が起きた際に、簡単に休職を認めてくれたり、
労働時間の削減などを検討してくれるような職場であれば、
ストレスはかなり減りますよね。

 

労働時に柔軟に対応してもらえますので、
継続して同じ職場で働く事が出来ますよね。
ですので、その職場での地位も上がりやすくなると言えます。

ブランクがあっての就職では、
給料よりも福利厚生などに重点を置いて職探しをすることが大切なんですね。

 

 

初心に戻って一から勉強!

bviuo

かつては看護師は、看護婦と呼ばれていましたよね。
看護知識も、内容は大きく変わらないとしても、
消毒の仕方や注射針の使い方など、様々な変化がありました。

ブランクがあることで一番困る事は、
処置の仕方が変わってしまっていたという事です。

 

かつては婦長という役職に就き、手際が良くエースであった人でも、
現場を数年離れてしまうと、
新人と同じような気持ちで一から勉強しなおさなくてはならないんですね。

とはいえ、過去のやり方が完全に間違っているという事ではありません。
改訂した後のやり方が、本当にいいものなのかどうかという事に
疑問を感じる事もあるかもしれません。

 

ですが、現場で連携していくためには、
それぞれの考え方や知識にズレがあると、
うまく機能していきませんよね。

本来の正解と、その病院の独自のルールなどで答えが変わることも
ありますので、臨機応変に対応していくことが大切になります。

 

たとえブランクが長くても、
謙虚な姿勢で現場に戻れたら、それほど混乱はありません。

最近ではインターネットで検索することも可能ですし、
最新の看護学や医療関係の本を読んで、

最近の医療現場はどのように変化しているのかということについて、
学ぶ努力をすることが大切なんですよ。

 

 

医療現場は進歩しています

mfoi

実際に同じ事を指していても、
違う呼び方となることはありますよね。

医療現場でも呼び方が変わることはよくあることで、
看護婦さんと呼ばれていたはずが、
今では看護師と呼ばれていますよね。

 

治療の仕方も、注射針の使いまわしが感染症の恐れがあるために、
使い捨てのものへと変更になったり、院内で直接もらう薬も、
薬局でもらうことになったりと、数十年で相当変わりましたよね。

看護師になるためにお世話になった参考書では、
すでに廃止されたり、誤った方法などが記載されているままとなります。

 

ですので、ブランク後の看護知識の復習をするためには、
最新の本を購入するようにしてくださいね。

そして、採血にもなれていなくては緊張して失敗
なんてこともありますので、研修施設などを活用し、
十分に練習してから現場に復帰するようにしなくてはなりません。

 

新人看護師やベテラン看護師関係なく患者さんの情報を共有し、
医師からの伝達などがスムーズにいくように、
コミュニケーション能力も高める必要があります

少し年代が違う人とは話しが合わないために、
他人行儀となってしまうと、良い仕事は出来なくなってしまいます。
初心を忘れず、余計なプライドはもたないようにしてください。

 

 

ブランクナース最新求人情報

復職支援セミナーに参加しよう

uuehfy
ブランクのあるナースが復職する際に
まず受けておきたいのが、再就職支援セミナーです。

ブランクが長く仕事の仕方を忘れてしまっていたり、
最新の医療の知識や技術が分からなかったり
といった方に最適です。

 

再就職支援セミナーは各都道府県の
ナースセンターで行われています。

多くは無料ですが、看護師の賠償保険加入料や
資料代がかかる場合もあります。

 

研修後に復職についての
相談ができることも魅力です。

看護師の求人を探す際に、
教育体制が万全な施設を選ぶことも大切です。

 

中には、復職に不安な方のために
復職支援セミナーを行っている施設もあります。

 
 
 

ライフスタイルに合わせて働こう

病院以外のデイサービスなどの
介護施設でも行っているところはありますので、
そういったところから
徐々に勘を取り戻すのもいいでしょう。

体力に自信がないという方は、パートや非常勤で働き、
少しずつならしていくという方法もあります。

 

残業のない介護施設や健診センターでも
看護師の募集はあります。

ただ、介護施設では看護師が一人
ということもありますので、
責任は重大になります。

 

まず、自分が再就職に対して不安に思っていることを考え、
自分のライフスタイルに合わせて働き方や職場を選んで
再就職を考えるようにしましょう。

 
 
 

認定看護師や専門看護師

olegjeg
結婚や子育てなどのために一旦退職し
ブランクがあるナースさんの、求人募集は
他の職種に比べると意外と多いです。

というのも、看護師の仕事というのは、
年々需要が増えていて経験のある看護師というのは、
非常に重宝されているからです。

 

そのため、ブランクがあったとしても、
決して復職しづらいといった事はないです。

子育てが落ち着き、時間が出来て、
また看護師として働きたいと考えた場合、
持っておくと転職に有利な資格という物があります。

 

それは、
認定看護師や専門看護師の資格です。

これを持っておくと、
准看護師などの資格だけを持っている人よりも、
だいぶ復職しやすくなります。

 
 
 

給料の待遇も変わる?

さらにそれだけではなく、
給料などの優遇も変わってくるので、
非常に有利です。

一般の看護師よりも、
100万円から200万円程
年収が高く貰える場合もあります。

 

この認定看護師や専門看護師の資格というのは、
実務経験が5年以上必要
となります。

そのため、これを持っていれば自分の看護師としての
経験を表す事も出来ますし、
学校を出たばかりの人達は持っていない物なので
ステータスにもなります。

 

復職というと大変なイメージもありますが、
長年の経験を持っているというのは、
看護師の中では大きなステータスとなります。